犯された人妻お姉さん

「誰か入ってる?」
こんこん、便所の入口を外からたたく音声と妻らの考えがやる。でも己は、己らは気にしない。
それほど、ここはいらっしゃる学校の女性便所。只今、己は……先生とエッチしてしまっておる。
下半身を露出させて便器に腰掛ける己にまたがり、アソコに己のチン○を咥え込む彼。同時に彼とコッテリ熱いキスをし、舌を絡めていく。ちゅぷちゅぷと音が鳴るが、外からは、
「ロック閉ってるよー」
「使用中だけど、白紙のかなぁ」
なんてのんきな考え。ばれたら一巻のおわりです。
そんな己と彼の縁は便所でするだけじゃ飽き足らず、学校中でヤリまくって要る。体育館の倉庫を始め、スクールや住居以外、方々で大胆に強く愛し合うのが貯まらなく励み系で最高だった。
断然、爆乳の女教師と学校でエッチしてるって外観が全く官能的で、己を興奮させた。
「そんなふうにっ!それほどよっ!全力で叩きつけてっ!先生を父兄の敵と見なしなさいっ!」
そんな事をいって、己を掻き立てる彼。己は背後から全力で腰を振り、彼のアソコの中でチン○を突きめくる。そんなスリルとれる情況で、最高のマミー入れ物でヤれる己は幸せだ……年上の彼、最高。
小説作品は男子専門力作で、年上のお姉さんたちとエッチしまくって仕舞うというアナウンス。
短手直しなんですよ。なので一対談結末バリエーションの型になりまして、非常に読みやすいかと思います。なにより、この手の短手直しで良い所は、好みの大きいんじゃ無ければ他のキャラクターでヌける界隈でしょうか。レンジが豊富なのが良いですね。
とはいえ、小説作品の場合は貧乏籤がありません。どのお姉さんもエッチでキレイ通り抜ける!恋人の掛かる人妻から、元女教師に健在お母さん教師、マミーから後輩までいくらでも取り揃えていますねぇ。
年上好きにはたまらない一本!
小説作品のみ莉力はやっぱ織田non氏の挿図でしょうか。年上をネタにした力作は数多くあれど、織田non氏の力作ほど年上が魅力的に描かれてある力作は曾早々ありません。
却って年上だからこそ流れ出る気品やオーラ、引力……それが性格のフォルムだけでなく、言葉や趣からも表現されていて、犯されたい!犯したい!と、こんなともいいからエッチをしたくなるようなお姉さんが巧く描けていると思います。
個人的には、『奥さまはプロレスラー』がお宝!さんざっぱら美しくて凄い年上の奥さまがいまして、でもひどくおやちぃ!で、あんな奥さまのアソコにキュウリをツッコむ恋人。
プロレスラーだけど全く可愛くて淫らな奥様のチャンス、善悪覗いてみませんか?
京都市の不倫調査